趣味

Audible(オーディブル)で日々の生活に楽しみをプラスする

Audible(オーディブル)で日々の生活に楽しみをプラスする

テレビはつまらない・毎日のスマホやPCで目を酷使して映画を見たり本を読むのは億劫。

 

そんな時の娯楽に最適なのがAudible(オーディブル)です。

 

Audibleとは

Audibleとは、いわゆるオーディオブックでプロの声優やナレーターさんが、文学・歴史小説・ビジネス書・語学学習からラノベなど、様々なコンテンツを朗読してくれるサービスです。

 

Audibleのメリット

目を閉じていても楽しめる

 

Audible音声だけ(ビジネス書などではPDF資料も有る)なので、目を閉じていても、ベッドに横になっていても楽しめます。

 

光が強すぎるPCやスマホはもちろん、読書も睡眠の質を低下させる可能性がある中、目を閉じて上質な本の世界に触れることができるAudibleは、現代社会に生きる私たちに最適な娯楽なのではないでしょうか。

 

毎日の生活に新たな楽しみを追加できる

 

Audibleには、ジャンルを問わず名作から最新作まで用意されています。

 

テレビ・ゲーム・映画・PC・スマホとは別の新たな楽しみ方を毎日の生活に追加することができます。

 

私にとって、就寝前に布団にくるまれて聴くAudibleは至福の時間になっています。

 

ボーナスタイトル

 

Audibleの仕組みは、月に1枚の「コイン」が与えられ、そのコインと引き換えにオーディオブック1冊を手に入れるという形です。

 

最近になって新たな特典が追加されました。

 

それが「ボーナスタイトル」です。

 

ボーナスタイトルとは、月に一度Audibleが厳選したおすすめの1冊を、追加料金無しで手に入れることができる特典です。

 

Audibleの通常サービス ボーナスタイトル
1コインで好きなタイトルを選択 厳選したおすすめの1冊
使用しなかったコインは持ち越しできる 月に1度の期間限定でタイミングを逃すと利用不可
月額1,500円 追加料金無し

 

記念すべき最初のボーナスタイトルは池井戸 潤さんの「下町ロケット」でした。

 

私は歴史小説好きで現代小説は興味無かったのですが、無料ならと手に入れたこの作品で池井戸作品にどハマりして、手あたり次第聴きまくっています。

Audibleのおすすめタイトル

宮本武蔵

 

 

吉川英治/著 全8巻

 

Audibleの入口となったタイトル。

 

オーディオブックで頭に入るのかな?と思ったけど、イメージ創造に集中できるのでむしろ頭の中でストーリーを描きやすい。

 

ストイックな宮本武蔵の成長とその真逆を行く本位田又八の姿、数々の剣豪たちに城太郎の可愛さに8巻すべて聴き終わるまで飽きることはありませんでした。

 

1935年の連載開始から当時の人たちを熱狂させたのも納得の名作です。

 

樅ノ木は残った

 

 

山本周五郎/著 全3巻

 

江戸時代前期に起きた伊達騒動を扱った重厚なストーリー。

 

華々しい合戦などは皆無ですが、伊達家を揺るがす騒動に抗する者、利用する物、ただ翻弄される者、さまざまな登場人物の生きざまに魅了されます。

 

海狼伝

 

 

白石一郎/著 全2巻

 

陸王

 

 

池井戸潤/著 全1巻