事業復活支援金が振り込まれました!入金までの日数を時系列で紹介

事業復活支援金は遅い?どれくらいで入金されるのか?

先日、事業復活支援金の申請期限を6月17日(金)まで延長することが発表されましたが、時同じくして私が申請していたものが『お振込み手続き中』になりました。

※申請IDの発行は5月31日まで

事業復活支援金は遅い?どれくらいで入金されるのか?

ネコろぶ

個人事業主の私が実際に事前面談から申請、入金されるまでをレポートします。

私(ネコろぶ)の状況
  • 個人事業主
  • 地方在住
  • 一時支援金・月次支援金は受給していない
目次

事業復活支援金が振り込まれるまで

事業復活支援金の期間が延長に
引用元:事業復活支援金
STEP
電子申請マイページの登録(4月11日)
STEP
事前確認予約(4月11日)

地元の税理士事務所に問い合わせると3万円の手数料を提示されたので、無料かつテレビ会議で全国対応してくれる所を探して予約。

テレビ会議での事前確認がおすすめな理由

  • 書類の準備が二度手間にならない(対面だと紙で準備して申請はデータでということになりやすい)
  • 無料~安価
  • 機械的な質問が多いので事前に準備しやすい
STEP
事前確認(4月19日
STEP
申請IDの発行(4月19日)
STEP
申請(4月19日)

事前確認で準備した資料に加えていくつかの資料が必要

STEP
書類不備の案内→同日修正して再申請(5月13日)
事業復活支援金の不備
STEP
お振込み手続き中(5月20日)
事業復活支援金 振込み手続き中
STEP
入金(5月23日)

申請から入金までは約1か月

事業復活支援金 振込み手続き中

私の場合、書類の不備とゴールデンウィークがあったので34日かかっていますが、問題が無ければ申請から入金まで20日程度というところでしょうか。

ネコろぶ

ようやくコロナ後の未来が見えてきた昨今。みなさんがんばりましょう。

事業復活支援金のポイント
  • 申請期限は6月17日まで
  • 申請から入金までは20日~30日ほど
  • 事前確認時に電子データを用意しておけば二度手間にならない
事業復活支援金とは

事業復活支援金とは、COVID-19の大流行により被害を受けた中小企業やフリーランスなどの個人事業主に対して、日本政府が資金援助を行う制度です。この助成金は、パンデミックによる企業への影響を軽減し、事業の継続や再開を可能にすることを目的としています。

事業復活支援金の対象者

事業復活支援金の対象者は、COVID-19の流行により被災した中小企業やフリーランスなどの個人事業主です。助成金額は、法人が250万円、自営業者が50万円を上限に支給されます。また、経済産業省の支援策として、補助金、融資や保証などの資金調達方法、関係省庁の窓口の一本化などがあります。

コメント

コメントする


The reCAPTCHA verification period has expired. Please reload the page.

目次