QUOカード、自分で使うか?金券ショップに売るか?

QUOカードを自分で使うか買取業者に売るか迷っている人へ

QUOカードは便利なプリペイドカードですが、自分で使うか、買取業者に売るかどちらがお得なのでしょうか?

この記事では、QUOカードの基本情報、利用可能な店舗、買取価格の相場などを詳しく解説し、最適な利用方法を解説します。

目次

QUOカードを自分で使う vs 買取業者に売る

自分で使う買取業者に売る
メリット・全額を自分の好きな商品やサービスに使える
・QUOカードが利用できる店舗で頻繁に買い物をする人にとって有利
・カードを現金に変えることができる
・QUOカードを直接使う機会が少ない人や、すぐに現金が必要な人にとって有利
デメリット・商品価格がスーパーなどと比較して高めに設定されていることが多い・買取価格は一般的に額面の90〜95%程度
考慮すべき点・自分の消費パターン
・QUOカードの利用可能な店舗
・買取価格
・買取業者の信頼性

QUOカードとは?

QUOカード

QUOカードは、日本全国のさまざまな店舗で利用できるプリペイドカードで、コンビニエンスストア、レストラン、書店など、多岐にわたる業種の店舗で利用可能です。

また、カードの額面は300円から10,000円までと幅広く、プレゼントやギフトとしても人気があります。

QUOカードの額面
  • 300円
  • 500円
  • 700円
  • 1,000円
  • 2,000円
  • 3,000円
  • 5,000円
  • 10,000円

QUOカードの基本情報

2つのQUOカード

QUOカードは、クレジットカードと同じくらいの大きさで、プラスチック製のカードです。

カードの表面には、そのカードの額面価格が記載されており、額面価格は、300円から10,000円までの間で、様々な種類があります。

QUOカードは、コンビニエンスストアやスーパーマーケットなどの店頭、またはインターネット上で購入することができます。

また、QUOカードは一度使った後は再チャージすることができない点で、電子マネーとは異なります。

QUOカードが利用できる店舗

QUOカードは、コンビニエンスストア、レストラン、書店など、さまざまな場所で利用できます。

特に、セブン-イレブン、ローソンなどの主要なコンビニエンスストアでは全店舗で利用可能です。

また、書店では紀伊國屋書店や文教堂などがQUOカードを受け付けています。

QUOカードが利用できる主な店舗
  1. コンビニエンスストア(セブン-イレブン、ローソン、ファミリーマートなど)
  2. 音楽・映像・書籍専門店(HMV)
  3. ドラッグストア(マツモトキヨシなど)
  4. 書店(ジュンク堂書店、紀伊國屋書店など)
  5. レストラン(デニーズなど)

しかし、「一部店舗のみ使用できる」となっている場合があります。

これは、各店舗が独自にQUOカードの取り扱いを決めているためで、全ての店舗で利用できるわけではないということを意味します。

そのため、QUOカードを利用する前には、対象の店舗がQUOカードを受け付けているかを確認することが重要です。

QUOカードを自分で使う

コンビニ

QUOカードを自分で使うことには、いくつかのメリットがあります。

その最大の利点は、カードの額面を全額、自分の好きな商品やサービスに使えることです。

QUOカードを自分で使うメリット

店舗で全額利用可能

QUOカードを自分で使う最大のメリットは、カードの額面を全額利用できることです。

例えば、1,000円のQUOカードを持っている場合、その1,000円を全て自分の好きな商品やサービスに使うことができます。

これは、QUOカードを買取業者に売る場合と比較して、自分で使う方が得をする点です。

買取業者に売ると、額面価格よりも少ない金額でしか売却できないため、全額を利用するためには自分で使うのが最善の方法となります。

書店やコンビニエンスストアでの利用

書店でQUOカード払い

QUOカードは、書店やコンビニエンスストアなど、日常生活で頻繁に利用する場所で使うことができます。

例えば、新刊の本を買うために書店を訪れたり、コンビニエンスストアで飲み物やお菓子を買うために使うことができます。

これにより、現金を使わずに買い物をすることができ、手元の現金を節約することが可能です。

また、コンビニエンスストアは24時間営業している場所が多いため、いつでもQUOカードを利用することができるという利点もあります。

QUOカードを自分で使うデメリット

QUOカードを自分で使うことのメリットを見てきましたが、一方でデメリットも存在します。

その主なものは、同じ商品でも他の店舗で購入する方が安い場合があるという点です。

同じ商品でも他の店舗で購入する方が安い

QUOカードは、コンビニエンスストアなどで利用できますが、これらの店舗で販売されている商品は、スーパーマーケットやディスカウントストアなどで購入するよりも高価な場合があります。

分かりやすい例としてペットボトル飲料が挙げられます。

コンビニで150円で販売されているペットボトル飲料が、スーパーでは70円で販売されてることなどはみなさんご承知だと思います。

コンビニとスーパーの価格比較

このような場合、QUOカードの額面価格全額を利用するよりも、買取業者に売って現金化し、その現金をスーパーマーケットなどで商品を購入する方が、結果的に得となる場合があります。

この点は、QUOカードを自分で使うか、買取業者に売るかを考える際の重要なポイントとなります。

次のセクションでは、QUOカードを買取業者に売るメリットについて詳しく見ていきましょう。

QUOカードを買取業者に売るメリット

金券ショップ

QUOカードを買取業者に売ることも、一つの選択肢として考えられます。

特に、QUOカードを直接使う機会が少ない場合や、すぐに現金が必要な場合には、買取業者に売ることが有効です。

現金化の利点

QUOカードを買取業者に売る最大のメリットは、カードを現金に変えることができる点です。

QUOカードは特定の店舗でしか使えないため、自分が利用する店舗がQUOカードを受け付けていない場合や、現金が必要な場合には、買取業者に売ることで現金を得ることができます。

例えば、1,000円のQUOカードを買取業者に売れば、その場で900円程度の現金を手に入れることができます。

買取価格の相場

QUOカードの買取価格は、一般的には額面の90〜95%程度となります。

つまり、1,000円のQUOカードなら900〜950円、10,000円のQUOカードなら9,000〜9,500円での買取となります。

QUOカードの額面価格買取価格の相場
300円270〜285円
500円450〜475円
1,000円900〜950円
5,000円4,500〜4,750円
10,000円9,000〜9,500円

ただし、株主優待などで企業の名前やロゴが入った広告柄のQUOカードは、買取率がやや下がり90%前後が相場となります。

これらの情報を基に、自分がQUOカードをどの程度で売れるかをあらかじめ把握することができます。

QUOカードの買取価格についての調査

QUOカードの買取査定

QUOカードの買取価格は、買取業者やカードの種類、市場の状況により変動します。

以下に、買取価格の一例とその変動要因について詳しく説明します。

買取価格の一例

一部の買取業者では、1,000円のQUOカードの買取価格が900円と設定されています。

これは、額面価格の90%に相当します。

買取業者買取価格
M社90%
R社95.2%
D社90%
A社95%
C社92%

このように、買取価格は一般的に額面価格の90〜95%程度となります。

しかし、具体的な買取価格は業者によって異なるため、複数の業者の買取価格を比較してから決定することをお勧めします。

買取価格の変動要因

QUOカード買取価格の変動

QUOカードの買取価格は、いくつかの要因により変動します。

まず、カードの種類によって買取価格が変わることがあります。

例えば、企業の名前やロゴが入った広告柄のQUOカードは、買取率がやや下がり90%前後が相場となります。

また、市場の状況も買取価格に影響を与えます。

QUOカードの需要と供給のバランスが変われば、買取価格もそれに応じて上下します。

そのため、買取価格は常に変動し、一定ではありません。

これらの要因を理解しておくことで、QUOカードの買取価格がどのように決まるのかを理解することができます。

QUOカードの最適な利用方法を選ぶための考慮点

チェック項目

QUOカードを最適に利用するためには、自分の消費パターンや買取価格、買取業者の信頼性などを考慮する必要があります。

以下に、これらの考慮点について詳しく説明します。

自分の消費パターンと買取価格

QUOカードを自分で使うか、買取業者に売るかを決める際には、自分の消費パターンと買取価格を考慮することが重要です。

例えば、QUOカードが利用できる店舗で頻繁に買い物をする場合、カードを自分で使う方が有利かもしれません。

一方、QUOカードが利用できる店舗であまり買い物をしない場合や、すぐに現金が必要な場合は、買取業者に売る方が良いかもしれません。

QUOカードを自分で使うQUOカードを買取業者に売る
利用可能な店舗で頻繁に買い物をする
特定の商品を購入する予定がある
購入予定の商品がQUOカード利用可能な店舗にない
現金を他の用途に使いたい
自分の消費パターンと買取価格の比較

また、買取価格が額面価格の90〜95%程度であることを考慮に入れ、自分がQUOカードをどの程度で売れるかを把握することも重要です。

信頼性のある買取業者の選択

信頼できる業者を選ぶ

QUOカードを買取業者に売る場合、信頼性のある業者を選ぶことが非常に重要です。

信頼性のある業者を選ぶことで、適正な価格で買取をしてもらえる可能性が高まります。

また、不正な取引を防ぐためにも、業者の評判や口コミをチェックすることをお勧めします。

インターネットで業者の名前と「評判」や「口コミ」を検索することで、その業者についての情報を得ることができます。

これらの情報を基に、自分にとって最適な利用方法を選ぶことができます。

結論:QUOカードの最適な利用方法は?

QUOカードの最適な利用方法は、個々の状況とニーズによります。

しかし、一般的な観点から見ると、以下のような結論を導くことができます。

QUOカードを自分で使うべきパターン
  • もともと購入予定の書籍がある
  • 欲しいコンビニ限定商品がある
  • マツモトキヨシ(とそのグループ会社)でよく買い物する
  • 立地条件などから日常的にコンビニで商品を買わざるをえない場合
自分で使うor売るかが微妙なパターン
  • HMV、デニーズ、上島珈琲店で使う(QUOカードを保有していなくてもその商品を買っていたかを自問する)
買取業者に売るべきパターン
  • 上記以外すべて(1000円のQUOカードを使ってコンビニでアクエリアス500mlを買うと、1000÷173で5本、買取業者にて90%で現金化してマックスバリュで買うと、900÷95で9本

自分で使う場合、QUOカードは全額を自分の好きな商品やサービスに使うことができます。

特に、QUOカードが利用できる店舗で頻繁に買い物をする人にとっては、自分で使う方が有利です。

しかし、QUOカードが利用できる店舗での商品価格は、スーパーなどと比較して高めに設定されていることが多いです。

一方、QUOカードを買取業者に売ることで、カードを現金に変えることができます。

これは、QUOカードを直接使う機会が少ない人や、すぐに現金が必要な人にとって有利です。

買取価格は一般的に額面の90〜95%程度となりますが、具体的な価格は買取業者によります。

最終的には、自分の消費パターン、QUOカードの利用可能な店舗、買取価格、買取業者の信頼性などを考慮して、最適な利用方法を選ぶことが重要です。

QUOカードは便利なツールであり、その利用方法は多岐にわたります。

自分にとって最適な方法を見つけ、QUOカードを最大限に活用しましょう。

QUOカードを自分で使うメリットは何ですか?

QUOカードを自分で使うメリットは、好きな商品に全額を使えること、キャッシュレス決済が可能であること、プレゼントとして利用できることなどがあります。

QUOカードを買取業者に売るメリットは何ですか?

QUOカードを買取業者に売るメリットは、現金化が可能であること、使わないカードを有効活用できることなどがあります。

QUOカードの買取価格はどのくらいですか?

QUOカードの買取価格は一般的に額面の90〜95%程度ですが、具体的な価格は買取業者によります。

コメント

コメントする


The reCAPTCHA verification period has expired. Please reload the page.

目次